おうちで楽しむ陶器市 うちる編集局-うつわと暮らしのブログ

丁寧に暮らしたいあなたにおすすめ 東屋の暮らしの道具3選

日々の暮らしを丁寧に、そう思ってもなかなか
難しいものですが、「もの」が力を貸して
くれるかもしれません。

 

人と「もの」との関係を大切に「もの」づくりを
している東屋の暮らしの道具を3つご紹介します。

 

印判箸置き

みなさんの食卓に箸置きは登場しますか?

ご飯に味噌汁、おかずをならべ、最後に箸を用意。

 

そのとき箸置きがあると食事の用意が完了した
と一息つけるように思います。

ひと呼吸おいてから「いただきます」をする、
そんなゆったりと丁寧に、食べることに
向きあわせてくれる力が、小さな箸置きには
あるのではないでしょうか。

写真:印判箸置き 磁器 東屋

 

上の写真で右から2番目の「旭日」は、
横から見ることで名前の理由がわかります。

写真:印判箸置き 旭日 磁器 東屋

 

こちらが横から見た写真です。

水平線から旭日がのぼる様子が描かれています。

一日の始まりや新年の始まりに、
手にとりたくなる箸置きです。

 

絵柄は全部で10種類

絵柄をよく見ると、句読点や矢印、米印など、
印刷で使われる記号がモチーフに
なっていることがわかります。

そして、ひとつひとつの絵柄に名前が
ついています。

シンプルな模様ですが、
名前がつけられていることで、
愛らしさが増すのではないでしょうか。

 

印判とは?

うつわに模様をつける技法のひとつです。

和紙に写しとった模様をうつわに転写する技法で
大量生産が可能となります。

 

ですが、手仕事なので、ひとつひとつ、
微妙に違いが出て、機械で大量生産されたものと
趣が異なります。

その手仕事にこそ、
東屋の「もの」への想いがこめられていますし、
それを受けとる人への想いにもつながっていると
思われます。

 

「ありがとう」を箸置きで

写真:印判箸置き ありがとう 磁器 東屋

 

「ありがとう」を●(マル)5つで表しています。

一日の仕事を終えて、晩ごはんをいただくとき、
「今日も一日おつかれさま」の気持ちをこめて、
この箸置きをつかってみてはどうでしょう。

 

大切な人と食卓をかこむときにも、
「ありがとう」の気持ちをそっと
添えたいものです。

 

印判豆皿

写真:印判豆皿 磁器 東屋

 

絵柄は全部で7種類

豆皿もそれぞれ名前がつけられています。

それぞれのうつわの形を目で楽しめます。

形がバラバラでも調和しますし、
食卓がにぎやかになります。

豆皿、どんなときにつかう?

おめでたい雰囲気があるので、
お正月につかいたくなるうつわです。

 

お重につめたおせちをこの豆皿に
ちょこっとのせて、と想像するだけで
ワクワクしませんか?

 

また、特別なときだけでなく、梅干しなどの
漬け物をのせたり、一口サイズのチョコレートを
のせたり、ふだん使いにもおすすめです。

 

白と青のさわやかな色合いが、どんなものも
上品に見せてくれます。

何をのせても大丈夫、そんな頼もしさを感じます。

 

姫フォーク

写真:姫フォーク 真鍮 東屋

 

真鍮の姫フォーク、とてもすっきりとした
美しい佇まいです。

 

ふたまたに分かれたフォークの先は細く、
華奢ですが、同時に凛とした強さもあり、
本当に美しい形をしています。

 

自分のために用意したちょっとしたおやつに、
姫フォークをそっと添えてみてはどうでしょう。
自分で自分をもてなす、そんなひとときを
過ごせるのではないでしょうか。

 

印判豆皿との相性バツグン

写真:姫フォーク 真鍮 東屋

磁器の白に青の模様でさわやかな印象の豆皿。
そこに真鍮の控えめな金色がよく合います。

 

最後に

印判箸置き、印判豆皿、姫フォーク、

どれも大人の手のひらにおさまるサイズです。

 

でも、その小さな「もの」に秘められた力は
確かなものです。

わたしたちの暮らしにすっと入りこみ、
すぐに力を発揮してくれます。

そんな頼もしい「もの」をつくりだしている
東屋で、あなたにとっての暮らしの道具を
見つけてみませんか?

 

(執筆:たなか きょうこ)