【中川政七商店】お椀や うちだの色鮮やかな椀4色新入荷!

福井県鯖江市で越前漆器を8代、200年に渡りつくり続けている「漆琳堂」。
「毎日の暮らしの中で使い続けられるものをつくりたい」
その想いから生まれたのが、漆のお椀ブランド「お椀や うちだ」。

 

白木の天然木をくりぬいた椀に色漆と拭き漆を塗り重ねることで、
従来の漆器にはない透明感ある色鮮やかな椀をつくりました。

 

カラーは、黄、灰、赤、黒の4色。
どれも、鮮やかではありますが、決して派手すぎず、
日本の伝統色を思わせる色合いです。

IMG_7439

家族で色違いを揃えたり、同じ色で統一したり、
好きな色の組み合わせで楽しんだり。
揃え方は、そのおうちらしさでアレンジ。

 

IMG_7949
お椀や うちだ 色拭き漆椀 赤 中川政七商店
IMG_7759
お椀や うちだ 色拭き漆椀 灰 中川政七商店
IMG_7430
お椀や うちだ 色拭き漆椀 黄 中川政七商店
IMG_7710
お椀や うちだ 色拭き漆椀 黒 中川政七商店
 

手にした時、丸みがほっこりと手になじみ、
お汁を飲む時に、とても心地よく感じます。

毎日の食卓で使い続けていただけたらうれしいです。
(スタッフ ヨシタケ)

 

中川政七商店 一覧ページ

 

+++++++++++++++++

中川政七商店

奈良の地で1716年に創業。
「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げ、
3つの日本の生活ブランド、
「中川政七商店」「遊 中川」「粋更Kisara」を運営。

お椀や うちだ

漆琳堂は福井県鯖江市で越前漆器を8代、
200年に渡り作り続けています。
伝統技術の継承は大切ですが、
私たちは、保存されるものを作りたいのではなく
毎日の暮らしの中で使い続けられるものを作りたい。
その想いから、漆のお椀の原点に立ち戻った
「お椀や うちだ」が生まれました。

+++++++++++++++++

 

 

うちるメールマガジン登録

メールアドレス入力のみで簡単に登録できます。
*誠に恐れ入りますが、通信販売の性質上、
メルマガご確認時に完売となってしまっている場合もございます。
何卒ご理解頂けましたら幸いです。
(すぐにご確認頂けるメールアドレスのご登録をおすすめしております。)