おうちで楽しむ陶器市 うちる編集局-うつわと暮らしのブログ

8823/glass work 沖澤康平さんのガラスの器

今回の入荷は、

8823/glass work 沖澤康平さんの作品になります。

 

汗ばむような暑い日に、キラキラと光るガラス。

思わず目を止めたのが沖澤さんの作品でした。

106293638_o20
8823/glass work 沖澤康平 一覧ページ
 

見れば見るほど、どの作品も、
ガラスの透明感に心奪われます。

 

百聞は一見に如かず。

 

という感じで。

ガラスを見てもらえば、その透明度に感動すると思います。

グラスはもちろんですが、リンカ皿や
フタモノ、カク型のボウルなど、
ちょっと個性的なものも多いですよ。

 

それでは、いくつかピックアップして紹介したいと思います。

それ以外もありますので気になったら一覧ページからご覧くださいませ。

106463510_o2
リンカ皿 ガラス 8823/glass work 沖澤康平
食卓がぱっとはなやぐ輪花のガラス皿は、
ガラスをたっぷりと使って制作されています。

さわったときの輪花部分の曲線がたまらなく美しいです。

ランダムに入れられた気泡が、
透明感あふれるガラスのアクセントになっています。

 

106464071_o1

Reグラス ガラス 8823/glass work 沖澤康平
シンプルであればあるほど奥深く難しい。

ラインをなくし、
骨董の蕎麦ちょこの静けさに挑戦して、
再び制作されたというReグラス。
無駄が削ぎ落とされたような、
すっきりとしたフォルムと、
持ちやすさが魅力のグラスに仕上がっています。

 

 

106462079_o8

ワイングラス L ガラス 8823/glass work 沖澤康平
脚付きのグラスで、
ゆったりとお酒を呑む。
一日のリセットには、お気に入りのグラスを相棒に。

球が連なったような脚のデザインが

高級な雰囲気を醸し出してくれます。

ノンアルコール派も使いたくなってしまう、
ぐっとくる雰囲気がすてきなワイングラスです。
106293638_o10

106293638_o13106293638_o11
カク 長ボウル ガラス 8823/glass work 沖澤康平

氷の塊をイメージして作られたという、
定番シリーズ「カク」。

氷の塊が溶けて、角が丸くなっていく様をみているかのような、
みずみずしさを感じるガラスの器です。

 

他に見たことがないようなこの器はサラダを盛っても

フルーツを盛っても絵になります。

美しい沖澤さんの器は、きっとお気に入りの器になると思います。

 
8823/glass work 沖澤康平 一覧ページ
 

沖澤さん。気さくでとても優しい人でした!

product-okizawakouhei-225x300
出典元:http://bit.ly/2bXbQXa

 

ガラスの器は数あれど、水のように透明で、
しっとり、色っぽい雰囲気のガラスの器には、
なかなか出会わないと思っています。

良い出会いでした。

 

(スタッフ タキ)

 

 

+++++
8823/glass work 沖澤康平
ハヤブサグラスワーク おきざわこうへい

 

1972年  広島県出身
1994年  石川県能登島ガラス工房にてガラスを学ぶ。
1995年  愛知県瀬戸市の硝子・陶器の会社に入社。
2003年  岐阜県高山市に工房開設。

 

日々の暮らしに溶け込むような、
シンプルなガラスの器を、との想いで
制作されています。

 

「透明なガラス器には、色を入れる楽しみがあります。
日々の食卓を彩り、季節ごとに変わっていく空気まで
映している気がします。

手にした人のその日を映すガラスになれば
いいなと思います。」

+++++