【森陶房】さんの楽しげな絵付けのうつわが久々の再入荷!

まるで絵本の世界のような、かわいいくて楽しげな絵付けが人気の

【森陶房】さんのうつわが久々に再入荷してきました。

 

いろいろな柄を集めて並べたくなる、丸小皿。

長らく欠品だった絵柄も入荷してきました。

IMG_9977

 

水玉のドレスでダンスをする女の子の表情が、

乙女ゴコロをつかまれてしまい、思わず笑顔になれるバレリーナ柄。

IMG_9919
丸小皿 バレリーナ 磁器 砥部焼 森陶房
 

Tシャツと靴下をお洗濯している、日常の一コマ。

森陶房の香織さんによる絵付けで、ほっこり心が和みます。

IMG_9493
丸小皿 Tシャツ&くつした KAORI 磁器 砥部焼 森陶房
 

しましまの洋服を着たようなこけし柄。

にっこり笑った顔が、とってもかわいいです。

IMG_9925
丸小皿 こけし しましま 磁器 砥部焼 森陶房
 

続いては、丸小皿にもあるバレリーナ柄の7寸皿です。

丸小皿には描かれていない、いろんなポーズをとるバレリーナたちと、

周りに描かれているリボンや音符を眺めていると本当に踊りだしそう。

食べながら、少しづつ絵柄が出てくるので、

食事が終わってからも楽しめますね。

IMG_9885
7寸皿 バレリーナ KAORI 磁器 砥部焼 森陶房
 

続いては、やさしい絵柄が印象的な、ガーベラの花をモチーフとしたシリーズ。

サイズは、3種類。

時計回り(写真上から)にご紹介いたします。

 

深さがあって、どんな用途も使える小鉢。

豆皿として使ってもいいし、アクセサリー入れなどにしてもいい小判皿。

取皿として、おやつ皿として使いやすく便利な5寸皿。

 

ぬくもりを感じる質感がすてきな陶器と、

丈夫で凛とした磁器、その両方のよさをあわせもつ、

「いいとこどり」な半磁器の商品です。

IMG_9978
たたら作り小鉢 ガーベラ 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真上)
小判皿 ガーベラ 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真右)
5寸皿 ガーベラ 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真左)
 

小鉢では、先ほどのガーベラと、もう1種類、

ブルー木の葉柄も入荷してきました。

絵柄違いで使っても素敵ですね。

IMG_9980

IMG_9703
たたら作り小鉢 ブルー木の葉 陶器 砥部焼 森陶房
 

こちらの小鉢とお揃いのマグカップも入荷してきました。

高さのある、たっぷり飲み物を楽しめる形。

マグカップとしてだけでなく、木のカトラリーや紙ナプキンを入れて、

テーブルにそのままセッティングしてもすてきですね。

IMG_9819
マグカップ ブルー木の葉【A】 陶磁器 砥部焼 森陶房
 

次にご紹介するのは、木の葉や実をモチーフとした絵柄のシリーズです。

葉柄は、和紙を通して染付されているので、より個性ゆたかな、

優しい表情になっているのがポイントです。

こちらは、長板皿と、角小皿をご用意いたしました。

IMG_9971
角小皿 木の葉 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真右)
長板皿 特大 木の葉 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真左)
 

続いてご紹介するこちらのお皿は、縁がたっているので、

多少汁気のあるお料理にも使えて便利な形です。

お料理を盛ると、さくらんぼ柄がちらりと見えて、

ほっこり心和む食事の時間を過ごせそうですね。

IMG_9890
銘々皿 特大 さくらんぼ 陶磁器 砥部焼 森陶房
 

最後にご紹介するこちらのうつわは、丸みのある楕円に、

絵本をみているかのような、ストーリーを感じる絵柄が印象的。

絵柄は、青い鳥と、小さな森の2種類。

2種類合わせて一つの物語になりそうですね。

IMG_9985
楕円小皿 青い鳥 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真右)
楕円小皿 小さな森 陶磁器 砥部焼 森陶房(写真左)
 

いかがでしたか?

美味しい食事を、さらに楽しくしてくれる【森陶房】さんのうつわ。

うつわたちのしゃべり声が届いてきそうですね。

(スタッフ ヨシタケ)

 

+++++++++++++++
●砥部焼

江戸時代から続く、日本有数の磁器の産地、

愛媛県砥部町の焼き物、砥部焼。

「伝統工芸品」の指定を受け、100ほどの窯元が、

手作り・手描きの伝統を守りつつ、

それぞれに個性ゆたかな表現を模索し、作品を作り続けています。

砥部焼の大きな特徴は、白磁に呉須(藍色)の染付で、

丈夫で使い勝手の良い磁器であるため、

古くから生活雑器として愛されてきました。

●森陶房

作家紹介

森 多々良 (もり たたら)
昭和45年 松山商科大学経済学部卒業
昭和49年 愛知県立窯業技術専門校卒業
日本工芸会正会員
伝統工芸士
一級技能士

絵付け
森 紀美代(もり きみよ)

ろくろ
森 光太郎 (もり こうたろう)
平成12年 広島県立大学経済学部卒業
平成13年 愛知県立窯業技術専門校卒業

絵付け
森 香織 (もり かおり)
平成12年 愛知県立窯業技術専門校卒
一級技能士

砥部の陶土を使い、
凛として清楚な磁器に加えて、
オリジナルでブレンドした温かみのある土物を制作されています。

使い勝手の良さや楽しさを込めて、
「森陶房らしい器・世界観」を大切に、
食事が楽しくなるうつわを制作されています。
+++++++++++++++

「再入荷予定があるか気になる」、「完売してしまうことがあって心配」・・・

こんなお悩みに対して、今後の入荷情報を、

メールにていち早くお知らせしております。

読者さま限定の特典情報などもありますのでぜひご登録ください♪

 

うちるメールマガジン登録

 

*誠に恐れ入りますが、通信販売の性質上、

メルマガご確認時に完売となってしまっている場合もございます。

何卒ご理解頂けましたら幸いです。

(すぐにご確認頂けるメールアドレスのご登録をおすすめしています。)