おうちで楽しむ陶器市 うちる編集局-うつわと暮らしのブログ

【岡村宜治】さんの、土の温もりを感じられるうつわたち。

今回、初めてご紹介する
【岡村宜治】さんのうつわは、
どこか北欧ヴィンテージ食器を思わせるような、
趣のある佇まいがすてきです。

1
懐かしさを感じるような、ちょっとレトロな雰囲気もあり。
土や灰など、原料の持つ自然な風合いをいかして、
あたたかみのある作品に仕上げられています。

 

2

岡村宜治 灰釉彫文 ジャグ 赤土
今回の入荷の中でも、
特にグッとくるフォルムの器です。
気持ちも空間も、ほっこり彩ってくれそうです。

 

3
岡村宜治 灰釉彫文 8寸皿 黒土

シックな色味がすてきな大皿は、
メインやシェア料理に、
たくさん活躍させたくなります。

 

4
岡村宜治 黄釉帖花文 スープマグ

カボチャのポタージュなど、
同系色で、よくマッチしそうな
明るい黄釉が印象的です。

 

 

岡村さんは、岐阜県で作陶されています。
岐阜といえば、美濃焼!
街全体に陶芸やアートに触れる場があり、
器好きにはアツイ街!!

 

全国から、陶芸家の卵が集まる窯業学校や、
美術館などもあったり、
美濃焼を盛り上げていこう!という
ムードにあふれています。

 

「土や灰など、原料の持つ自然な素材感をいかして、
あたたかみと彩りを添えるような器を」と、
岡村さんも、チャレンジングに、
意欲的に作品づくりに取り組まれています。

 

少量ずつですが、
いろいろとご紹介しています!

 

岡村宜治 一覧ページ

 

(うちる店主 タケザワ)

 

+++++
岡村宜治(おかむらよしはる)

 

1978年 神奈川県生まれ
2005年 岐阜県立多治見工業高校専攻科 卒業
玉置保夫氏に師事
2009年 岐阜県土岐市に工房を構える

 

土や灰などの原料が持つ素材感を意識して、
暖かみがあり毎日の食生活に彩りをもたらす器を
と考えて日々制作しています。
+++++