民藝ブームで人気沸騰の【小鹿田焼・小石原焼】のオススメ商品と、特徴や歴史について

こんにちは、うちるのタキです。

最近の民藝ブームで、じわじわと、確実に人気が高まっているのが小鹿田焼です。

ライフスタイルショップに並んでいたり、うつわ好きや料理好きの方のインスタグラムにも素敵なコーディネートで登場しているのをよく見かけると思います。


また、小鹿田焼と似たもので、小石原焼というのもあり、こちらもまた素敵なんです。

今回、そんな小鹿田焼や小石原焼について

1.簡単な特徴、2.オススメの商品、3.民藝ブームや小鹿田焼・小石原焼の歴史

の大きく3つにわけてご紹介したいと思います。

商品を先に見たい方はこちらからどうぞ。

小鹿田焼・小石原焼 一覧ページ

小鹿田焼(小石原焼)ってどんなうつわ?

小鹿田焼は、大分県日田市(ひたし)の山あいで300年間、受け継がれてきた伝統的な焼き物です。

モダンで面白い幾何学模様が特徴で、手にすると土や手作りならではのぽってりした風合いや温かみが感じられます。

和洋中、どんな料理にも合い、いつもの料理がもっと美味しく、おしゃれに見えると評判です。

リズミカルでモダンな幾何学模様

小鹿田焼のもっとも特徴的なもののひとつが、うつわに刻まれたリズミカルで面白い幾何学模様です。

この模様は、「トビカンナ」(上記写真)や「ハケメ」(下記写真)と呼ばれる伝統的な装飾技法です。

このモダンな模様は、陶工がカンナや刷毛を使って、ひとつひとつ丁寧に描いたもの。

シンプルながらも、これらの模様が何気ない料理を絶妙に引き立てます。

独特な存在感を生かしてメインのお皿としても、また、素朴で落ち着いた色合いを生かして脇役としても使えます。ほかのうつわとの相性も抜群。

とにかく使い勝手がいいので、登場頻度が上がります。

手作業ならではの味わい深い表情を楽しむ醍醐味もあります。

約300年の歴史

小鹿田焼の歴史のはじまりは約300年前のこと。

大分県日田市の静かな集落で、その伝統は脈々と続いてきました。

技術の伝承は、なんと親から子へと受け継がれる、一子相伝の世襲制です。

現在の窯元は開窯時からの流れを汲んだ9軒のみ。

時代とともにほかの産地で機械化が進む中、小鹿田焼では、すぐ近くにある山の土を原料にし、川の力を借りて、家族全員が参加しながら、すべての工程をこつこつと手作業のみで行っています。

手作りだからこそひとつとして同じものがないというのも、小鹿田焼を選ぶ楽しみのひとつ。

手に馴染む温かみや、暮らしに自然に溶け込む魅力があるのは、長く続いてきた歴史と伝統があるからなんですね。

兄弟窯の小石原焼

小鹿田焼のルーツでもあり、「兄弟窯」と呼ばれているのが小石原焼(こいしわらやき)です。

福岡県朝倉郡東峰村(元小石原村)で小鹿田焼よりも少し早い時期に開窯し、約350年間、続いてきました。

現在の窯元は50以上。小鹿田焼と同じく「トビカンナ」や「ハケメ」などの伝統技術は確実に守りながらも、より現代の食生活に合うデザインを取り入れています。

窯元ごとに独自の思いを持って提案する、進化系の小石原焼は、それぞれのライフスタイルに合う一枚に出会えそうです。

オススメの小鹿田焼・小石原焼

ここからは、小鹿田焼や小石原焼のなかから、オススメの商品をいくつかご紹介したいと思います。

小鹿田焼と小石原焼、似た印象がありますが、このように見てみるとけっこう違いがあるのではないでしょうか。

暮らしに溶け込む小鹿田焼

7寸皿 トビカンナ

多用途で使える7寸皿は、一日の中でも出番の多いサイズ。 野菜炒めをササッと盛りつけたり、2~3人分のコロッケを山盛りにしたり。

縁が少し立ち上がっているのでビーフシチューやカレーなど、多少汁気があるものでも安心です。

4寸飯碗 トビカンナ

ちょうど食べきりサイズの4寸飯碗。炊きたて白米はもちろん、やわらかな白地の表情に合わせてグリンピースご飯なども似合いますね。

口径が大きく、少し浅めなタイプのごはん茶碗です。

5寸皿 ハケメ

「ハケメ」の装飾が不思議な味わいを出す5寸皿。手軽に使えるサイズです。

出し巻き玉子に大根おろしを添えて。生春巻きを2~3つ並べても美味しそう。おやつの時間には和菓子やシュークリームなんかを乗せるだけでも絵になります。

3寸皿 トビカンナ

手のひらサイズの3寸皿は、副菜をちょこんと盛り付けたり、お醤油を入れたり、お漬物を載せてもよいですね。

薬味を置くだけでも絵になります。小物やアクセサリー置きにも使えそう。控えめに入った縁の飴がどこかクールな印象を与えます。

湯のみ トビカンナ

両手にすっぽりと納まる心地よいサイズの湯のみは、やわらかな印象がいつもの食卓に馴染みます。

表面にはやや艶があり、上部にくびれがある、かわいらしいフォルムです。

トビカンナの凹凸が良いアクセントになった、楽しい手ざわりです。

トビカンナ カップ&ソーサー

トビカンナの模様が印象的なカップ&ソーサー。持ち手の茶が、全体をぐっと落ち着いた雰囲気にしてくれます。

少し深みのあるソーサーは、単体で使って、チョコレートやおはぎなどのスイーツを置いても。お茶の時間が一層楽しみになりそうです。

表情豊かな小石原焼

翁明窯元(おうめいかまもと)

「使うほどに愛着がわき、日常の暮らしがもっと楽しくなるように」。鬼丸翁明さんと息子の尚幸さんが、そんな思いで日々、うつわ作りをされています。

小石原の土を使い、受け継がれた装飾技法などを大切に守る一方で、ドット模様を加えたり、マットな質感に仕上げるなど、使い手の食卓をイメージした、二人の新しい発想が随所に光ります。

伝統と「いま」の感性、その両方をあわせもった人気のうつわです。

黒マット皿 小

手に心地よい、しっとりとした感触の黒マット皿です。落ち着いたシックな色味で、シンプルなフォルムながらもお料理をしっかりと引き立ててくれます。

リムに入った「トビガンナ」の模様も、よいアクセントになっています。

パンケーキやマフィンなど、朝食プレートにも活躍してくれそうなサイズのお皿です。

リム皿小 はけ目マット

リムに施された、刷毛目模様がモダンで、和洋問わず、お料理にあわせやすいうつわです。

みんなでシェアする大皿料理に、パスタやオムライス、パンケーキなどのひとりごはんのプレートに。

陶板仕切皿 マット

素朴な形の陶板に仕切りが付けられたお皿です。素麺やお蕎麦を食べる時に色々な薬味を入れたり、ご飯やお粥のともとして刻んだお漬物をのせてもいいですね。

天ぷらには抹茶塩やカレー塩、ハーブ塩などを。お茶請けにはドライフルーツやナッツを入れるのはどうでしょう。

リングやピアス、ブローチなどアクセサリー置きにしても素敵ですね。

スープボウル ドットマット

トビカンナの模様に、小ぶりなドットが可愛いボウルです。具だくさんスープやたっぷり飲みたい時に嬉しい、少し大き目のサイズ。

シリアルやサラダボウルとして使ったり、お茶漬けやグリーンカレーを入れても素敵です。

福嶋製陶

柔らかな白地に、「トビカンナ」のリズミカルな模様。丁寧な仕事ぶりを感じさせながらも、どこか親しみやすいうつわがそろいます。

美しい伝統装飾やろくろびきがかなり難しい大皿など、熟練の技術と集中力により、使い手のニーズに応える一枚を作り続けています。

フードコーディネーターの長尾智子さんがプロデュースする「小石原ポタリー」の参加窯元でもあります。

5.5寸皿 トビカンナ白

取皿にも使いやすいサイズのお皿で、ふんわりやさしい雰囲気が魅力です。

和洋中、エスニックなど、幅広いジャンルのお料理にマッチするため、何枚かそろえておくと大活躍してくれます。

8寸皿 トビカンナ櫛目

「トビカンナ」の模様の中に、櫛目のラインが踊る使いやすい大皿です。

重すぎず安定感があり、かつフラットな大皿は、おかずを盛り付けたり、オムライスと付け合せサラダなど、ワンプレートとして楽しむのもよさそうです。

みんなでシェアする場面でも大活躍。

飯碗 トビカンナ

ごはんがモリモリすすみそうな飯碗は、フラシ釉といわれる透明釉が掛かり、すこしつるりとした感触です。

トビカンナの凹凸が良いアクセントになって楽しい手ざわりです。口径が大きく、少し浅めなタイプのごはん茶碗です。

4.5寸皿 刷毛目

ハケメの装飾が上品な4.5寸皿。おやつ時間に、クッキーなどお菓子をのせるのにも使いやすく、取皿としても大活躍します。

スタッキング収納も可能なので、家族分、来客用にと揃えておくと便利ですね。

小石原ポタリー

出典:小石原ポタリー(Facebook)

小石原の10の窯元と、雑誌などで活躍するフードコーディネーター・長尾智子さんがコラボレーションして誕生したブランド。

「料理をおいしくする器」をテーマにしているだけあって、デリスタグラマーにも大人気です。

小鹿田焼、小石原焼の技法や、歴史、陶器市について

「トビカンナ」や「ハケメ」などの伝統技法

出典:福岡県商工部観光局観光政策課

小鹿田焼と小石原焼の代名詞ともいえる伝統的な装飾技法が、「トビカンナ」や「ハケメ」です。上から見てみるとその柄の面白さや表情がよくわかりますね。

素朴ながらもどんな料理も華やぐのは、このモダンで歴史ある装飾があってこそ。職人がカンナやハケを使って熟練の技で施します。

トビカンナ

出典:福岡県商工部観光局観光政策課

「トビカンナ」は、弾力のある金属製の道具を用いて、連続した刻みを入れていく技法です。

完成はあっという間。ろくろの上でまわるうつわにカンナを添わせると、シンプルで幾何学的な、不思議な模様がたちまち現れます。

うつわによっては、スタイリッシュな現代的な模様にも見えますね。

ハケメ

出典:福岡県商工部観光局観光政策課

「ハケメ」は、白い化粧土をハケで塗っていく技法のことです。

こちらもまた、ろくろにうつわを乗せてまわしながら、ハケをあてて模様を描きます。うつわの中心を軸にすると、まるで菊の花のような上品な模様のできあがり。

ほかにも、波型の曲線を櫛状の道具で描く「櫛描き」、指で素早く描く「指描き」や、釉薬をひしゃくやスポイトに入れて掛けて模様を作る「打ち掛け」や「流し掛け」などの技法も。

単純な連続した模様ながら、窯元によって実にさまざまな表情が生まれるのも面白いですね。陶工ごとに異なる仕上がりを比べてみると、ますますその魅力にはまりそうです。

小鹿田焼のはじまりと民藝運動

江戸時代中期に開窯

小鹿田焼は大分県日田市の北部に位置する奥深い山の集落で作られています。現在の窯元は9軒。中央には川が流れ、まるで昔ながらの日本の姿がそのまま残っているかのような、のどかで落ち着く場所です。

出典:ツーリズムおおいた

はじまりは江戸時代中期の1705年のこと。黒木十兵衛という人物がこの地に小石原焼の陶工を招いたことで開窯しました。

小鹿田焼のルーツは、実は小石原焼だったんですね。

そんな小石原焼は1600年代、福岡県の山あいに高取焼の二代目が窯を開き、福岡藩藩主が伊万里から陶工を招いて磁器づくりを行ったことがはじまりといわれています。

一子相伝のうつわづくり

出典:ツーリズムおおいた

小鹿田焼の伝承方法は、驚くことに親から子へとその技術を伝える「一子相伝」の世襲制。

そのため長い間、集落の外に技術が広がることなく、暮らしに使われるためのうつわたちが、代々続く陶工たちの手で、静かに、確かな技術で作れてきました。

現在も窯を構えるのは、300年前からの流れを汲んだ4姓、柳瀬・黒木・坂本・小袋(黒木系)だけです。

地産地消、自然の力を使った作陶

小鹿田焼が全国的にも貴重な存在といわれるのが、300年前からほぼ変わっていない、機械ではなく手作業で、自然の力を借りて行われる作陶です。

ほかの産地で機械化が次々に進む中、ここではすべての工程が家族総出の手仕事で行われます。

出典:ツーリズムおおいた

男性が土作りなどの力仕事を、女性は模様付けをするなど、役割分担をしながら作陶してきました。

人手が足りなければ集落内で助け合い、支え合うことは、ごく自然に行われてきたそうです。

出典:ツーリズムおおいた

そして、原材料も昔ながらの地産地消。

陶土に使うのは、周囲にある土。それを清流の水を利用して動く唐臼でついて砕きます。

陶工の手でうつわが形づくられ、装飾が施された後、焼成を行うのももちろん機械ではありません。周囲の山々から調達した薪を使って、伝統的な登り窯で2日半ほど焼きます。

2〜3日後、窯から冷めたうつわが出されると、わたしたちの手元にやってきます。

民藝運動と柳宗悦の訪問

ひっそりとした奥深い山里で静かに作られていた小鹿田焼が一躍有名になったのは、昭和6年の柳宗悦(やなぎむねよし)の訪問がきっかけでした。

柳宗悦は、当時ブームとなっていた民藝運動のリーダーです。

民藝運動とは、名もなき職人がつくる暮らしの道具にこそ美しさがあるとして、それらに光を当てた活動のこと。

この里を訪れた柳宗悦は、紀行文で「世界一の民陶」と評し、小鹿田焼を全国に紹介しました。

出典:大分県商工労働部雇用労働政策課

その後、世界的なイギリス人陶芸家のバーナード・リーチも約3週間滞在。

小鹿田焼の集落や風景を称賛したことで、ますます全国的にその名が知られるようになったのです。

昭和45年には、国の重要無形文化財に指定されました。

変わらない自然や伝統と、少しずつ変わるうつわの姿

出典:ツーリズムおおいた

「ギィーゴトン、ギィーゴトン」。

300年経った今も、集落では当時と変わらない土をつく唐臼の音が鳴り響き、ひとつひとつ丁寧にうつわが作られる様子があちこちに見られます。

この心地よいひびきは、「日本の音100選」にも選ばれました。

変わらないものがある一方で、それぞれの時代に合わせて暮らしに必要なものが作られてきた小鹿田焼。

だからこそ今の食卓でも愛用され続けているんですね。

春と秋に開かれる陶器市

陶芸の里を訪れてみよう

小鹿田焼と小石原焼の魅力をもっと楽しみたいなら、現地を訪れるのが一番。

ここにしかない陶芸の里の雰囲気を肌で感じることができます。

特に、春と秋に開かれる陶器市では、すべての窯元が陶器を直接販売。集落内にところせましとさまざまなうつわが並びます。

出典:日田市観光協会

小鹿田焼-陶器市

唐臼祭 5月3日〜5月5日
民陶祭 10月第2土曜日・日曜日

小石原焼-陶器市

春の民陶むら祭 5月3日〜5月5日
秋の民陶むら祭 10月中旬

祭りの楽しみ方

祭りでは通常価格より安く買うことができたり、アウトレット品などを特別価格で手に入れることができます。

また、普段は公開されていない、うつわができあがるまでの作陶風景をのぞくことができ、その日限りの醍醐味がたくさんあります。

会場をぐるぐるとまわるうち、思いがけない掘り出し物や、いままで知らなかった新たな窯元の魅力と出会うこともできます。

それぞれの窯の個性を手にとって比較しながら、自分だけのお気に入りの一枚を探してみてください。

まとめ

大分県の山あいで、約300年間、親から子へと一子相伝で受け継がれてきた小鹿田焼。その作陶は全国的にも珍しく、現在は9窯が、地産地消で、すべての工程を昔ながらの手作業で行っています。

また、小鹿田焼のルーツともいわれる福岡県の小石原焼もまた、伝統を守りながらも、現代的なエッセンスが加わり、人気を集めています。

この2つに共通する「トビカンナ」や「ハケメ」といった伝統的な装飾技法は、素朴ながらもモダンな幾何学模様を作り出し、和洋中、エスニックなど、どんな料理にもマッチする不思議な魅力があります。

暮らしに自然と溶け込み、さまざまな料理を引き立てる小鹿田焼・小石原焼を食卓の一枚に加えてみてはいかがでしょうか。

うちるでは、大皿から取皿、茶碗、湯呑、カップ&ソーサーにいたるまで、さまざまな場面で活躍する小鹿田焼・小石原焼を扱っております。

よろしければこちらも合わせてご覧ください。

小鹿田焼・小石原焼 一覧ページ

最後までご覧いただきありがとうございました。皆さまがよい作品と出会えますように!

おうちで楽しむ陶器市 うちる

関連キーワード