【うつわ巡りの旅 vol.4】100年の伝統を守りながらも進化する、美濃焼へのこだわりを感じる1日

今回は美濃焼の町として知られる岐阜県土岐市・多治見市へ。100年の伝統を誇る「カネコ小兵製陶所」を訪ねました。 1,300年の歴史と伝統を誇る美濃焼。良質な燃料や原料に恵まれ、日本の陶磁器生産量の5割以上が周辺でつくられています。 特に今回…

【うつわ巡りの旅 vol.3】やきものの町、波佐見町へ

うちる編集局スタッフが、全国の窯元さんや作家さんを訪ねる旅行記。 今回は、波佐見焼で有名なやきものの町、波佐見町を旅しました。 波佐見町は長崎県のちょうど真ん中に位置する人口1万5000人ほどの小さな町です。 波佐見焼は近年人気のやきもの。…

【うつわ巡りの旅 vol.2】歴史ある砥部焼が、世代交代と共により魅力的なうつわに

今回は、「砥部焼の里」と呼ばれている「森陶房」の森ご夫婦を訪ねて愛媛県砥部町へ。 約240年の歴史がある国の伝統工芸品の砥部焼。世代交代を経て、昔ながらの良さを残しつつ、近年では個性豊かな作品が増えています。 森陶房さんの工房を見せていただ…

日常がちょっと豊かになる【うつわのプレゼント】!選び方のコツとおすすめの食器

こんにちは!うちる編集局スタッフです。感謝やお祝いの気持ちを贈る時には、相手の暮らしをイメージして、日常がちょっと豊かになるものにしたいですよね。そんな時は、毎日手にする“うつわ”がおすすめ。 今回は、お祝い別にうつわ選びのコツと、おすすめ…

【うつわ巡りの旅 vol.1】新潟の灰からつくられたうつわの魅力を感じた1日

今回は、青人窯の大山育男さんを訪ねに新潟県へ。大山さんは、地元で取れる柿の木や火山灰を原料にした釉薬を用い、質感にこだわったうつわづくりをされています。工房を見せていただいた後は、一面の菜の花と湖に浮かぶ島々を楽しめる福島潟へ春のお散歩をし…

【わたしのうつわヒストリー】洋食器から和食器好きになるまで

こんにちは、うちる編集局アワムラです。 今回は、うつわ好き歴20年以上、洋食器が好きだった私が、どのように和食器好きになったのか、「うつわヒストリー」をご紹介します。   私物のうつわの一部。タイで買ったホーローのうつわから、伊万里焼、金継…

mart202106

雑誌『Mart 2021年6月号』掲載いただきました。

2021年4月28日発売の雑誌『Mart 6月号』に掲載いただきました。 掲載いただいたのは、アイデア料理研究家のmakoさん考案の「ずぼらワンプレート」メニューが並ぶコーナー。『盛るだけでごちそう感がアップ! とっておきの器セレクション』…

使わないうつわ、どうしてる?食器の新しい使い道をご紹介

食器棚がいっぱいになったときや、使わないうつわが増えたとき、みなさんはどうしていますか? 食器棚の奥底に眠らせておいたり、ゴミとして処分したりするのはもったいないですよね。 この記事では、処分する以外のうつわの活用方法を紹介します。欠けてし…

たぬきのまち 信楽で窯元さんぽ

こんにちは!おうちで楽しむ陶器市うちる編集局スタッフです。 うつわ好きの友人から「信楽は面白い」という話を聞いて、気になっていたやきものの町・信楽(しがらき)。 実際に訪れて感じたのは、たぬき以外にもみどころがたくさんあること。 今回は、信…

esse202105

雑誌『ESSE 2021年5月号』掲載いただきました。

2021年4月2日発売の雑誌『ESSE 5月号』に掲載いただきました。 さまざまなトレンド情報を紹介する「Life ESSEnce」のコーナーにて、“今どき和のテーブルウェア”というテーマで、当店のうつわを掲載いただきました。 白と黒の色彩…