和食器通販 うちるブログ|作家のうつわ紹介

日常のいろいろな場面で活躍してくれる【砥部焼 陶彩窯】

つやのある質感と、リムを飾る「しのぎ」の彫りがすてきな鉄釉 しのぎ皿。 これまでは、すこし大きめの7寸と、8寸をご紹介していましたが、 今回は、新しく5寸皿が仲間入りしました。 鉄釉 しのぎ5寸皿 陶磁器 お食事の取り皿に、 和菓子にも、洋菓子にもしっくりくる 日常のいろいろな場…続きを見る

【essence】の豆皿で、新年を。

「暮しの中で豊かさを感じられるものづくり」 をコンセプトに、遊びごころをプラスした テーブルウェアとインテリア雑貨を開発している、 波佐見焼のブランドessence。 富士山を思わせる、青と白の山豆皿は、 新年を迎えるうつわにぴったり。 お盆にいくつか並べておせちを盛ったり、 取…続きを見る

新しいスタンダード。【common】の波佐見焼

新しいスタンダード。 シンプルで使いやすく、用途を選ばず、 永く使っていきたい、時代を超えたデザイン。 2014年グッドデザイン賞も受賞した、 波佐見焼のブランド、common(コモン)のうつわは、 使うと手放せなくなるものばかり。 うつわの大きさ、深さ、重さ、持ち手の大きさなど…続きを見る

こっくりブラウン【4th-market】のカップ&ソーサー

萬古焼の新しいスタイルを提案する、 4th-market。 懐かしいけど、どこか新しさを感じるデザインは、 普段使いで、永く使っていきたくなるうつわばかりです。 ぽってりとした厚手のカップ&ソーサーは、 こっくりした焦げ茶色に、 カップの淵に入った黒いラインがアクセントです。 半…続きを見る

お正月のおもてなしに【中川政七商店】の小鉢やはしおき

1716年に奈良で創業した、中川政七商店。 奈良の名物、鹿とおせんべいが、 九谷焼の小さなかわいい お皿とはしおきになりました。 新年のおもてなしにも、普段使いにも、 幅広くお使いいただける菊小鉢。 おせち料理の取り皿にしたり、 小物を入れてもいいですね。 KUTANI SEAL…続きを見る

冬のおくりもの【ichirin花さん】のリースとアレンジメント

冬の空気に映える、ふんわりやさしいリースたち。 フローリスト・ichirin花さんから、 この季節にぴったりの白を基調にした、 リースとアレンジメントが届きました。 白と茶のコットンに、アジサイとペッパーベリー、 アシンメトリーに松ぼっくりが配された、 大きめの冬リース。 丸いリ…続きを見る

あそびゴコロをくすぐる【キエリ舎さん】の人形とブローチ

冬の凍てついた空気をあたためてくれる、 キエリ舎さんの陶器のお人形とブローチが、届きました。 見に付けるひとも、見る人も、 みんな思わずにっこりしてしまう。 キエリ舎さんのモチーフはいつも、 あそびゴコロがあふれています。 のびのびとしたタッチのお花のブローチは、 黄土色と白の2…続きを見る

透きとおるような白。【白山陶器】鳥のはしおき

懐かしいけど、新しい。 「華美ではなく、かといって平凡でもなく。 新しさはあるけれど、時代に左右されることなく 使っていて飽きのこないデザインこそ美しい器」 そんなコンセプトのもと、 良質な波佐見焼を作り続けているメーカー、 白山陶器。 白磁の透きとおるような白が清潔感あふれる、…続きを見る

粉引の優しいアイボリー【後藤義国さん】のうつわ

優しいアイボリーホワイトの粉引に、 施された鎬(しのぎ)や面取(めんどり)。 後藤義国さんのうつわは、 伝統的な技法を大切にしながら、 使い手の目線に立って真摯に作陶されているのが、 そのうつわからひしひしと伝わってきます。 スッと伸びた注ぎ口、カーブを描いた持ち手に、 コロンと…続きを見る

冬の雪景色のような【翁明窯元さん】の小石原焼

まるで、雪がうっすらと積もったような、 柔らかい白とグレーのグラデーション。 翁明窯元さんのうつわの、暖かみのあるグレーは、 どこか冬の雪景色を連想します。 長い歴史を持つ小石原焼は、 北欧に通じるモダンな雰囲気も漂います。 翁明窯元さんのうつわも、和食器はもちろん 北欧陶器など…続きを見る