おうちで楽しむ陶器市 うちる編集局-うつわと暮らしのブログ

九州買い付け第2弾!【wakako ceramics】

九州旅で、お会いしたかった人。
そのひとりが、wakako ceramicsの坂本和歌子さんでした。
まず、うつわに先に出会って、
それを作っている方と、のちのちご対面!というケースもよくあり、
それもまた、わくわくどきどきな楽しみなのです。
wakako ceramicsの工房は、大分県の杵築市というところにあります。
白壁の、すごく風情がある城下町!
とってもきれいな景観の街並みに、心惹かれました。

その中心部、市役所の目の前にある、
これまたすてきな雰囲気の建物です。


「うみいろ」のカップで、コーヒーをいただきながら、
聞いてみたかった、いろんなお話を聞きつつ、
目の前に並ぶ、色とりどりのうつわに夢中になってしまいました。

この「うみいろ」。坂本さんのうつわを初めてみたとき、
一番惹かれた色でした。
何度も見たくなってしまう、くっきりと明るい海の色。
そこにあるだけで、空間がぱっとはなやかになる、
ぐっとくるうつわです。
wakako ceramics 坂本和歌子さんのつくりだす色は、
どれもほんとに楽しい気持ちになれる、
だけど凛としてかっこいい色。
なんでもない日々の食卓も、
絵になるワンシーンになりそう!
つるりとした、すっとした佇まいの磁器のような雰囲気でありながら、
土もののあたたかみも感じられる。
陶器と磁器の良さをあわせもつ、「半磁器」がお好きだという坂本さん。
ぱっと空間が明るくなるような、
存在感のあるはなやかな色づかいがすてきです。
++++++++++++++++++
wakako ceramics 
坂本和歌子
2007年1月 大分県杵築市にwakako ceramicsを開設。
杵築の工房と、大分県府内町chapelにて陶芸スクール開講中。
九州や東京を中心に、多くの展覧会に参加されています。
「繊細で美しく、使いやすいうつわ」を日々、追求しながら制作されています。
日々を楽しく彩ってくれる、そんなうつわを作られています。
++++++++++++++++++
坂本さんが送ってくださった、
秋に発売されるという、大分のお芋のお菓子!
とってもおいしかったです!
スタッフとともに、おやつにいただきました~♪

坂本さん自身も、
「日々の暮らしに、あかるい色のうつわを取り入れて、
より楽しい気持ちになってもらえたらいいな」という思いがあると聞き、
これからも、坂本さんのいろんな「色」をみてみたいなぁと思いました。
夜空みたいな、「ブルーグレー」とか。

はなやかさのある「すみれ」とか。


私のラッキーカラー(と勝手に自分で決めてます)「きいろ」とかとか。


まるで洋陶のような、凛とした雰囲気がすてきな「しろ」とか。


ネーミングがかわいい「ふじかき」なんかも!

どうです~。
気になってきたでしょう~?笑
今回入荷したうつわたち、ぜひゆっくりとご覧になってみてくださいね!
※【一点限りの入荷】の器もあります。
●●【wakako ceramics】坂本和歌子さんのうつわ●●
$おうちを彩る雑貨店 うちる 店主のブログ
うちるのメルマガでは、
新着情報や読者さま限定の特典情報などをお届けします。
「今後の入荷情報」を、いち早くお知らせしております。
ご希望の方は、こちらからメールアドレスをご登録くださいね!
(メールアドレスのみ送信して頂く、簡単な登録です♪)→
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
作家のうつわと
ほっこり暮らしの雑貨
webshop おうちを彩る雑貨店 うちる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・