【知っておきたい】和食器・うつわのサイズの種類と使い方

うつわを探していると、
商品名とともに「〇寸」という表示を
見かけることがありませんか?

例えば「美濃焼 削ぎ目7寸皿」というように。

この場合、美濃焼は産地、削ぎ目は商品名、
7寸はお皿の大きさを示しています。

このように特に和食器などでは、
今でも「センチ」ではなく「寸」という単位で
器の大きさを表すことがよくみられます。

現代ではあまりなじみのない
この「寸」という単位は、
昔から使われている尺貫法の単位で、
人の体を使って大きさ(長さ)を表した単位です。

1寸は約3.03センチ。

これは親指をあてたくらいの長さで、
1尺の1/10となります。

ちなみに1尺は30.303センチ。
指先から肘までくらいの長さに相当します。

人の体を基準としている単位だからこそ、
人が使うもののサイズを決めるのに
ちょうど良いのかもしれません。

そのため、今でも作り手側は
この単位をもとにうつわを作っているのです。

<うつわのサイズ(寸)・大きさと使い方>

ここでは和食器の基本的なサイズをご紹介します。

だいたい1寸は3cmと覚えておけば、
お料理にあう和食器をさがすとき、
食卓で使うイメージがわきやすいと思います。

どれを買ったらよいかわからない!
という人は、まずは、

メイン皿として7寸皿、取り皿として5寸皿 

を買い足すのが良いと思います。

そこから、
豆皿を増やしていく、
7寸と5寸の間の6寸皿を買い足す、
丸ではない角皿や、縁が華やかな輪花皿を買う
などと増やしていってはいかがでしょうか。

<3寸皿のうつわ>

3寸皿は約9cmの小皿。通称豆皿。
よく豆皿と言うのはこのサイズが多いです。


小石原焼 トビカンナ 3寸小皿

お刺身に添えるお醤油やお蕎麦の薬味、
ちょっとしたおつまみをのせたりと
いくつあっても困らない3寸のお皿。

大きいプレートやトレイの上にまとめたら、
少しずつお惣菜を盛り付けて、
豆皿コーディネートに
挑戦してみてはいかがでしょう?

同じ色、柄で統一するよりも、
違う色、柄、質感で組み合わせたほうが
華やかで楽しくなります。


出典:kuronekobakery(instagram)

<4寸皿のうつわ>

4寸皿は約12cmの小皿。

4寸皿 水玉 陶器 エドメ陶房

4寸皿は、お浸しや
きんぴらごぼうなどの副菜、
おやつの時間にちょこっとお菓子や
果物を載せるのに便利です。

副菜などの取り皿として使いやすい大きさです。


出典:luluweb_(instagram)

<5寸皿のうつわ>

5寸皿は約15cmの小皿。

5寸皿 鎬 陶器 もりたうつわ製作所

主菜の取り皿としても使えるのはもちろん、
ケーキやロールパンなどを載せるのにも便利な大きさです。

朝食やおやつの時間にと、出番が多いサイズです。


出典: utuwadaifuku(instagram)

<6寸皿のうつわ>

6寸皿は約18cmの中皿。

6寸輪花皿 飴釉 陶器 はなクラフト

少し大きめの取り皿で、食パン一枚を
そのまま載せるのにちょうどいい感じのサイズです。

食事時にはレタスや水菜など、
葉物野菜たっぷりのグリーンサラダを
盛るのにもピッタリ。

オープンサンドを載せれば、軽めのランチになります。


出典:cocochi8(instagram)

<7寸皿のうつわ>

7寸皿は約21cmの中皿。


美濃焼 薄手ロクロ7寸プレート 磁器

7寸皿はメイン皿としてちょうどいいサイズ。
パスタやチャーハンなど、
単品料理を盛るのに適しています。


出典:io_x(instagram)

<8寸皿のうつわ>

8寸皿は約24cmの大皿。

美濃焼 菊花 8寸皿 磁器

8寸皿は約24cmの大皿。

メインディッシュのお皿として使ったり、
ご飯に主菜とサラダのワンプレートにしたり。

鮭のムニエルやコロッケ、ポークソテーなど、
付け合わせの野菜とメインを料理を
一緒に載せる場合によく使われます。

リム(縁)の立ち上がり具合や幅にもよりますが、
様々なおかずを少しづつのせていく
ワンプレートスタイルにも最適です。


出典:ks6786(instagram)

<9寸皿のうつわ>

9寸皿は約27cmの大皿です。


美濃焼 AO 9寸皿 磁器 

こちらもメインディッシュを載せるのに適したお皿です。

1人分というよりは
スペアリブや和牛のステーキなどの
肉料理をドンと盛り付けたり、
ピザやパエリヤを盛り付けてパートナーとシェアしたり。

パーティーの主役として、
テーブルセッティングの真ん中に位置する大きさです。

出典:daisukekameta(instagram)

さいごに

ここまで、うつわのサイズと
その用途について紹介してきました。

結局どれから買っていけばいいかわからない、
という方は冒頭でも紹介したように、

皿の場合だと、

メイン皿として7寸皿、取り皿として5寸皿、

鉢の場合だと、

取鉢として4寸鉢、メインの盛りつけ鉢として6寸鉢、

がお勧めです。

基本的なサイズが揃ったら、
少し個性的なものを選んでみる、
色や質感の違ううつわを増やしてみるなど
自分だけのお気に入りの
テーブルコーディネートを見つけてみてください!

当店は、作家さんのうつわを販売する、通販サイトです。
全国の陶器市やクラフトフェアに出展する
人気作家さんのうつわを販売していますので
よろしければどうぞ覗いてみてください。

おうちで楽しむ陶器市 うちる

関連キーワード