【美濃焼の茶碗・どんぶり】おすすめラインナップ10選

こんにちは!おうちで楽しむ陶器市 うちる編集局のタキです。

1300年以上前から製作されている、美濃焼(みのやき)。

岐阜県の南部、東濃(とうのう)地方というところで誕生して、現在でも職人さんたちによって製作されている陶磁器です。

今回は美濃焼から、毎日使いたいお茶碗についてご紹介します。

ご飯茶碗としてだけでなく、うどんなどにも活用できる少し大きめのどんぶりなどもお伝えしていくので、ぜひご覧ください。

美濃焼のお茶碗・どんぶりの特徴とは?

美濃焼のうつわは、岐阜県の東濃地方で作られるうつわの総称になります。

現在、美濃焼は和食器における全国生産の50%以上を占めているとも言われています。

そして美濃焼には作り方や絵付けの方法などの特別な様式がないので、バラエティに富んだデザインのうつわが見つかります。

伝統を守りながらも現代的なアレンジも加えている、現在の美濃焼の職人さんたちが作る美濃焼のうつわは和洋どちらにも合う柔軟性があるので、どんなテーブルシーンにもマッチします。

それでは、美濃焼のおすすめお茶碗とどんぶりをご紹介していきます。

美濃焼のお茶碗・どんぶりおすすめラインナップ

菊花シリーズ

シンプルなデザインの菊花シリーズは、幅広い年齢層に人気の高いうつわが揃っています。粉引きのようなナチュラルな風合いが特徴的です。

和洋中とどんなメニューにも合わせやすい柔軟性が魅力的です。

菊花飯碗

小どんぶりよりも小ぶりなサイズ感の飯碗は、女性の手のサイズにも程よく収まるごはん茶碗です。

ナチュラルで柔らかな色合いのうつわなので、他の食器とも馴染みやすくなっています。

スタッキングができるうつわなので、数個あっても収納に困りません。
来客用のお茶碗としてストックしておいてもおすすめです。

菊花シリーズは白と黒のモノトーンが2色展開されているので、同色でも黒白の色違いで揃えてみてもテーブルに統一感を与えてくれます。

菊花小どんぶり

程よく厚みがあり、日常使いにぴったりな小どんぶり。

面取りのラインによって、手に持ったときにも馴染みやすくて、安定感をもたらしてくれそうです。

ご飯だけでなく、うどんやお蕎麦といった麺類を盛り付けても使えるどんぶり。

飯碗と同様にスタッキングができるので、収納シーンでもスッキリと仕上がります。

白化粧削りシリーズ

カンナで一本一本削いで模様を付けた、職人の手作業感が伝わってくる粉引削りシリーズ。

ナチュラルで温かみのある粉引シリーズは、飽きが来ないシンプルなデザインが特徴的です。

釉薬のかかり具合によってひとつずつ表情が異なるので、個体差の違いにどんどん愛着が湧いてきてずっと使いたくなるようなうつわです。

白化粧削り飯碗 陶器 美濃焼

つるりとした手ざわりで手に持ったときの心地よさがポイントのお茶碗です。
つややかな質感のうつわなので、エレガントな雰囲気も持ち合わせています。

程よく厚みのある素材なので、日常使いのお茶碗として気兼ねなく使用できます。

スタッキングしやすいうつわなので、収納力も備えている実用的な一面も備えています。

穏やかで優しい色合いのお茶碗は、白いご飯だけでなく玄米や混ぜご飯などの色味をより一層おいしそうに仕上げてくれます。

白化粧削り盛り鉢 陶器 美濃焼

ほんのり赤味が出ている部分や、ところどころに顔を出す鉄点が、豊かな表情の盛り鉢です。

鉢としてはもちろん、うどんやパスタなど麺類や、小丼にもぴったりなサイズ感。
ホカホカごはんにアボカドとマグロをのせてアヒポキにしたら、カフェ風ご飯のできあがり。

スタッキングもでき、すっきり収納しやすく、家族分揃えたい方にもぴったりです。

象嵌シリーズ

土の持つ素朴な素材感を活かした象嵌シリーズ。

土を削ってそのくぼみに、違う色の土を埋め込んで模様を表現する『象がん』という技法。
そんな象がんに『松葉紋様』を施して、独特な存在感のあるうつわです。

飯碗 HARU 陶器 象嵌 美濃焼

土の持つ素朴な温かみをダイレクトに活かしたお茶碗。
口の部分が広く盛り付けたご飯を美味しそうに演出してくれます。

ナチュラルな赤みがかった色味のうつわは、テーブルに優しい雰囲気を運んでくれそうです。

松葉は枯れ落ちても、2本が一対となっているこでも知られています。
そのことから縁起物として松葉模様のアイテムを選ぶこともあるそうです。

こちらのお茶碗を、お祝い事にの贈り物としても喜ばれそうですね。

飯碗 AKI 陶器 象嵌 美濃焼

こちらはシックなう風合いが大人っぽいブラウンカラーのお茶碗です。
茶色や黒そしてグレーも入り混ざった、ニュアンスのある色味が特徴的。

安定感のあるどっしりとしたフォルムなので、日常的に使いやすい実用的なうつわです。

ナチュラルとブラウンカラーのお茶碗を並べてみると、ブラウンの方が少しだけ小ぶりなサイズ。

口が広くて卵かけご飯にも安心して食べられる容量なので、日常のテーブルに活躍してくれそうです。

十草シリーズ

日本で古くから親しまれてきた伝統模様、十草(とくさ)。
すっきりとシックな佇まいで、落ち着いた雰囲気です。

素朴な風合いで、日々の暮らしにすっと溶け込んでくれます。

土物飯碗 白

白地に茶色のラインの組み合わせがナチュラルな雰囲気。
細くなったり太くなったりするラインから、手仕事ならではの温かさを感じます。

口縁も広めなので、ふっくら炊きたてのつやつやごはんに、大きな明太子をドンと載せて。
ご飯のお供も贅沢に楽しめますよ。

土物飯碗 黒茶

灰色がかったような茶色が奥深く、渋くかっこいい雰囲気。

薬味たっぷりの冷奴など、汁気のある副菜を盛る取り鉢として使ってもお似合いです。

ペアで贈り物にするときにもぴったり。
定番のデザインなので、他のうつわとも合わせやすく、どんな方でも使いこなせるうつわです。

土物丼 6.5寸 白

土もののずっしりとした印象とは裏腹に、軽く片手で持てるのが嬉しいポイント。

ラーメンにうどん、どんな麺料理もおまかせ。
ちゃんぽんに具沢山の野菜をこんもり盛ったら、まるでお店のように!

スタッキングもできるので、家族分や来客用に複数揃えてもいいですね。
お揃いのどんぶりで食卓を囲めば、いつものお料理がより一層美味しく感じられそうです。

わくらシリーズ

秋の落ち葉のような緑がかった茶色が、なんとも渋くかっこいい雰囲気のわびシリーズ。

釉薬の流れによって生まれる濃淡や茶の焼き目が、素朴な中に個性ある表情を生み出します。
磁器ながらも土もののような風合いで、どこか温かみのあるうつわです。

鎬5.5丼 わくら

飽きのこないシンプルなデザインと、毎日の食卓に自然と溶け込むような、主張しすぎない雰囲気。
磁器製なので、食洗器や電子レンジも使える丈夫さもうれしいポイント。

親子丼や中華丼などを、おなかいっぱい食べたいときにぴったり。
しっかりと深さがあるので、野菜をたっぷりのせたラーメンやうどんもいいですね。

美濃焼のお茶碗・どんぶりを使ったテーブルコーディネート

__chipigram__さま(Instagram)より

お茶碗の縁に並ぶ模様が味わい深く、温かな印象の食卓に。

いくつかのお皿と組み合わせても、すっと馴染んでくれますね。

______halnaさま(Instagram)より

茶色を基調としたワントーンの食卓がナチュラルな印象。

どんなお料理もそっと引き立ててくれる、頼りになる存在ですね。

まとめ

美濃焼のお茶碗から、おすすめラインナップをご紹介いたしました。

毎日使うお茶碗であるからこそ、デザイン性だけでなく手に持ったときの感触なども選ぶ時にのポイントになってくるのではないでしょうか。

また、美濃焼のお茶碗やどんぶりに合わせてた同じデザインのうつわなども揃えてみたいと気になる方は、ぜひ商品ページも見てもらえたら嬉しいです。

シリーズで揃えてみると、日常のテーブルシーンがワンランク上に仕上がると思います。

美濃焼のお茶碗やどんぶりが気になる方、もっと美濃焼のうつわを見てみたいという方は、ぜひこちらもご覧になってください。

美濃焼 一覧ページ

また、紹介した和食器だけでなくさまざまなうつわを販売していますので、よろしければ『おうちで楽しむ陶器市 うちる』にも足を運んでみてください。

おうちで楽しむ陶器市 うちる

お気に入りのうつわを見つけて、日常のテーブルシーンをさらに楽しめますように!

関連キーワード